TOPICS

日本初「移動式VR映画館」の第一弾コンテンツ『えんとつ町のプペルVR』興行開始からわずか3ヶ月で動員数1万人突破!次なる舞台はフランス!

・「あっという間に別世界」-子ども連れ・若者に人気を博した『プペルVR』、大阪、東京、兵庫、神奈川、開始3ヶ月で1万人動員。
・ストーリー性の高さとかぼちゃアバター通信など高いVR技術力を評価。
7月フランス開催の『Japan Expo2019』代表作品に選出。
 

Moonshot株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:萱嶋崇、以下Moonshot)と株式会社Zero-Ten(本社:福岡県福岡市、代表取締役:榎本二郎、以下Zero-Ten)が制作・企画運営を行う「移動式VR映画館」第一弾コンテンツ『えんとつ町のプペルVR』の動員数が1万人を突破いたしました。本作品は、西野亮廣氏の著書で発行部数38万部を超える大人気絵本『えんとつ町のプペル(出版 幻冬舎)』を題材としたVRコンテンツです。2019年2月から大阪で興行を開始し、東京・兵庫・神奈川での上映を経て今回発表の動員数を達成することができました。主に子ども連れのファミリーの方々やカップルなどの若い方々にお越しいただき、「普通に映像を見るのとは違う、えんとつの上から落ちるかと思った」「椅子に座ってゴーグルをかけた瞬間にあっという間に別世界。思わずのめりこみました」などご好評をいただいております。現在は、横浜駅直通のエンターテインメントビル「ASOBUILD(アソビル)」にて上映中(※1)です。
※1:ASOBUILD公式サイト参照(https://asobuild.com/news/989/)

『プペルVR』次なる舞台はフランス!『Japan Expo2019』代表作品に選出!
ストーリー性の高さとかぼちゃアバター通信など高いVR技術力が評価に。
原作絵本の物語を表現したVRのストーリー性とアバター連携などのVR技術の高さを評価いただき、7月にフランスで開催される『Japan Expo2019』の代表作品に選出いただきました(※2)。本作品は「ABAL:DINOSAUR(※3)」などを手がけた尾小山良哉(Moonshot COO)が監督をつとめ、約15分の物語を展開。参加者全員が”かぼちゃアバター”としてバーチャルな世界の中で物語をリアルタイムに共有体験できるAbalシステム(※4)を用いており、ユーザー同士で”一緒に”物語の中へ没入することができます

また、高技術を誇るエンジニアにより絵本の世界を忠実に再現したことで、360度どこを見渡しても『えんとつ町のプペル』の物語の世界を体感できるつくりになっています。今後は「移動式VR映画館」の特徴でもある「どこでもVR」を体験できる強みを活かしながら、全国各地の商業施設や飲食店、または学校など、より多くの場所でコンテンツの提供を目指してまいります。

※2:Japan Expo2019 公式サイト(http://www.japan-expo-france.jp/jp/
※3:参考:「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア『MoguLive 』より「6人で一緒にVRの恐竜世界を歩き回る『アバル:ダイナソー』体験レポ」(https://www.moguravr.com/vr-abal-dinosaur-2/
※4:ABAL 公式サイト(https://www.abal.jp/

プレスリリースを読む
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000045672.html

 
●『えんとつ町のプペルVR』興行に関するお問い合わせ:poupelle@thevrtheater.jp
●過去のプレスリリースはこちら(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000014467.html